土地屋調査士の苦労と将来性

土地屋調査士の苦労と将来性

《身体的労働の苦労》
次に、土地家屋調査士の仕事をする中で、大変な点や苦労についてみていきましょう。
仕事内容はフィールドワークやデスクワークとで成り立っていて、土地家屋調査士の仕事は、
簡単に説明すると現場に立って土地や建物を測量して図面をつくって計算し、それをもとに法務局へ登記申請をすることです。
こう見ると体を使った肉体的な労働よりも、机上での仕事がほとんどであるような印象を持たれがちなのですが、
肉体的労働な面が意外と多いのが土地国調査士の仕事なのです
その理由として肉体労働的な面が多いということです。デスクワークをするにあたって欠かせないものは現地での測量です。
後にも先にも測量をしなければ仕事になりません。そして、この現地測量こそが、土地家屋調査士という職業の肉体労働的な苦労であるといえます。
例えば、かんかん照りの蒸し暑い真夏であろうと、少しの雨風であろうと測量をしなければならない場合がほとんどです。
つまり、少々の悪天候であっても、関係なく仕事をしなければならないということですので、肉体的にも楽といえませんよね。
また、この現地測量ですが、測量する対象が平たんなやりやすい土地であればいいのですが、当然そうとは限りません。
ときには、やぶの中に入って行ったり整備されていない土地や建物で、またがけ地の近くでこわい思いをしながら測量することもあります。
《景気で左右される仕事量》
また、景気や公共工事量に左右されがちである職業であるということ。
土地家屋調査士の仕事は、主に土地や建物が取引されたり、公共工事によって建物が建てられる際に受注することがほとんどです。
そのため、景気が下がり経済的に悪くなってしまうと、土地家屋調査士の仕事量の影響にも響いてきます。
不動産の取引が停滞したり、公共工事が消滅されることによって、仕事量が減ってしまいます。
どのような職業においても経済や景気によって左右されるものですが、土地家屋調査士の仕事は特にその側面が強いといえるでしょう。

土地家屋調査士

測量士補